欧文書体データベース

Francesco Griffo

フランチェスコ・グリフォ

名前

Francesco Griffo

生年月日

1450年

没年月日

1518年

生まれた国

イタリア

プロフィール

別名フランチェスコ・ダ・ボローニャと呼ばれたルネサンス期屈指の活字製作者。グリフォは1450年頃、金細工師シーザーの息子としてボローニャに生まれる。活字父型彫刻師として独立するまでは、金細工師として有能なカリグラファであった。1482年、ヴェネチア有数の印刷者、ジョヴァンニとグレゴリオのグレゴーリ兄弟に活字を提供し、ヴェネチアで活動を始める。後にアルダス工房に請われ、後に「Bembo」「Poliphilus」として復刻される活字書体など、アルダス工房のほとんどの活字を製作した。

§

1501年、アルダスがグリフォの彫ったイタリック体活字の10年間の独占使用権をヴェネチア政府に願い、その特権を得たことで、他の印刷業者にも活字を提供していたグリフォにとっては痛手となり、アルダス工房を去ることになった。

それまで手がけた活字父型と母型を携え、ボローニャに戻り、1516年までウルビーノ公国ファーノの印刷人ジェロラモ・モーゼ・ソンチーノのもとを拠点として活字父型を彫っていた。

関連書籍

制作書体

  • 後に「Bembo」として復刻された活字書体
  • 後に「Poliphilus」として復刻された活字書体
  • イタリック体活字書体

ページの先頭へ戻る