欧文書体データベース

Adrian Frutiger

アドリアン・フルティガー

顔写真

Adrian Frutiger

名前

Adrian Frutiger

生年月日

1928年5月24日

生まれた国

スイス

プロフィール

20世紀を代表するタイプデザイナー。活字書体の設計思想はニコラ・ジェンソンにあると言われている。

§

アドリアン・フルティガーは、1928年5月24日、スイスのインターラーケンで生まれる。高校卒業後、オットー・シェフリー印刷所で見習いの植字工となり、ここで印刷の工程を経験する。後に、チューリッヒ工芸専門学校にて、木版画、彫刻、ドローイングなどを学ぶ。そこでの卒業制作がきっかけで、パリの名門活字鋳造所「ドベルニ・アンド・ペイニョ活字鋳造所」の活字原字制作部に配属され、タイプ・デザイナーとして歩んでいくことになる。鋳造所を退職後も活動を続け、空港のサインシステムとその制定書体の制作や、企業のシンボルマークやロゴタイプのデザインも手がけている。

関連書籍

制作書体

  • President(1952)
  • Phoebus(1953)
  • Ondine(1953)
  • Meridien(1954)
  • Univers(1954/57)
  • Egyptienne(1955/56)
  • Concorde(1959)
  • EDF-GDF Alphabet(1959)
  • Opera(1961)
  • Apollo(1962)
  • Alpha-BP(1965)
  • Serifa(1967)
  • Devangari(1967)
  • Tamil(1967)
  • OCR-B(1968)
  • Documenta(1969)
  • Roissy Alphabet(1970)
  • Facom Co.(1971)
  • Brancher(1972)
  • Irdium(1972)
  • Alphabet Metro(1973)
  • Frutiger(1975/76)
  • Glypha(1979)
  • Digital face(1980)
  • Icore(1980)
  • Breughel(1981)
  • Versailles(1983)
  • Linotype Centennial(1987)
  • Avenir(1988)

ページの先頭へ戻る